親知らず

堺市北区新金岡 永山歯科医院 院長の永山です。

開院してからよく悩む問題のひとつに、親知らずに関連するトラブルがあります。

親知らずの痛みや腫れについては、応急処置→経過観察または抜歯という流れになるのですが、問題なのは手前の歯が虫歯になっている場合です。

親知らずは抜いてしまえば傷は治りますが、手前の歯が虫歯になってしまったのは元には戻りません。

さらに、この場所に虫歯ができてしまった場合は比較的進行してしまっていることが多く、神経を抜いたり、最悪抜歯せざるを得ないときも結構あります。(理由はよくわかりませんが、今までの経験よりも明らかに遭遇する頻度が高いような気がします)

患者さんからしたら、今まで無症状であまり気づいておられなくて「えっ?」て感じだと思うのですが、こちらとしても歯をいい条件で残すのに苦労することが多く、「うわっ!」って思ってしまいます。

自覚症状がなければなかなか抜きたくないと言われる患者さんが多いですが、将来的に腫れそうだったり、かみ合わせに悪影響を及ぼしているような親知らずであれば、虫歯になる前に早めに抜いておくのもひとつの予防方法だと思います。

もちろん、移植に使える場合もあるのでむやみやたらに抜くつもりはありませんし、抜歯する場合も難しそうな場合はCTを撮ってよく調べてから抜歯方法を考えるので、ご安心下さい。

トラブルを回避するには、まずは患者さんがご自身のお口の中の状況を知ることが大切で、そして抜くにしても残すにしても納得して決めることが必要だと思います。

もし親知らずでお悩みの方がおられたら、お気軽に相談して下さいね。