院内ツアー

医療機器

 当院では院長が大学病院で診療していた環境と同じ最新の設備をそろえており、より正確な診断(お困りごとの原因が発見できる)と、より安全な治療(精度が高く長持ちする)を提供することが可能です。また、滅菌・感染対策も十分に配慮しておりますので、安心して治療を受けて頂けます。


歯科用CT


 従来のレントゲン撮影では平面的にしか確認できなかった部位を、3次元的に確認することが可能になりました。根の治療、歯周病、親知らずの抜歯、顎関節症、インプラントなど、様々な治療で活躍します。歯科用CTを使用するメリットは、治療を始める前に歯や骨や神経の形から問題点を正確に把握できることです。病状や治療のシミュレーションを視覚的に説明できるので、患者さんも納得して次の段階に進めます。

【歯科用CTを使用するメリット】
① 非破壊検査
 従来の治療では、問題があるとレントゲンや経験から原因を推測して必要と思われる処置を行い、状況や反応をみながら判断していくことしかできませんでした。一方で、それには歯を削る操作がどうしても必要になるので、歯の寿命を短くしてしまうリスクが伴います。また、治療回数をかけたのに結果的に歯を残すことができない(抜いた方が良いことがわかる)こともあり、患者さんも先生も歯をできるだけ残したくて頑張っているのに、お互いにしんどい想いをするということがよく起こります。お医者さんを受診する場合でも大きな病院にかかるほどの病気だと、最近はまずCTやMRIなどの検査をして病気の原因や状態の説明を受けてから、治療方法を相談して選ぶと思います。歯科でも「できるだけ歯を良い状態で残したい」「現状を正確に知りたい」というご希望がある場合には、
歯を削ることなく詳しく調べることができるので、とても有効な検査方法です

② お口の中やその周囲の部位まで問題点を全体的に検査できる
 広い範囲で撮影すると歯並び全体から鼻や副鼻腔まで写るので、レントゲンだけではわからなかった今までの治療の問題点や、鼻炎(花粉症やアレルギーなど)や副鼻腔炎(蓄膿など)といった病気が見つかるこもあるので、意外なところで役立つ場合もあります。また、顎の調子が悪いときにも撮影することで、より詳しく状況を調べることができます。

③ わかりやすい
 ①、②の内容を患者さんと一緒に画面を見ながら説明していると、「へぇー」とか「ふーん」といった反応が多く、レントゲンで説明するよりもご自身の状態をよくわかってもらえるように感じます。治療するにしても、経過観察するにしても、
根拠がしっかりあるというのは、安心、納得につながるのではないかと思います。

④ 低被曝量
 お医者さんで頭や手足やお腹のCTを撮影することを考えると範囲も狭いので、必要がある場合には撮影してもそれほどリスクは高くないと考えています。もちろん
撮影する必要性や範囲については医学的見地から判断しますし、撮影をご希望されない場合は従来の方法でできるだけの治療を行いますので、ご安心下さい。

⑤ まとめると・・・
 ほとんどの患者さんは痛くならないと自分の口の中や歯の状態がどうなっているかまで気にしていません(医科の病気でも自分で気づいたりお医者さんに見つけてもらう前は同じような感じだと思います)。そしてしっかり調べて説明を受けたこともありません(あるいは、説明されていても内容が専門的すぎてわからない・・・)。CTはその問題を解決することができます。そして検査結果に基づいて治療方針を相談して決めることができるので、
結果的に無駄になってしまう治療回数(費用)を減らせることが最大のメリットだと思います。


マイクロスコープ(手術用顕微鏡


 
主に根管治療(神経の治療)に使用します。従来なら歯の中の見えない部分を手探りで治療していたところを、上図のように肉眼の最大20倍に拡大した明るい視野で直接確認しながら治療できるので、より精度が高く、良好な結果が得られます。他にも歯を削った部分の確認や手術時の切開、処置、縫合部分の確認など様々な用途で活躍します。

【マイクロスコープを使用するメリット】
 最大の利点は
根の中の問題点を直接見て確認できることです(通常は小さすぎて暗くてよく見えない部分に対して手探りで行っている細かい治療を、明るい虫眼鏡をつけて直接見ながら行うような感覚です)。状態が悪すぎる場合は歯を残すことは諦めて(残念ながら抜いてしまって)早く次の段階に移った方が良いという判断ができますし、頑張れば歯を残せる場合でも治療の方法やリスク、回数や費用などを具体的にお伝えすることができるので、説明した複数の選択肢から相談して選んでもらえます。もちろん治療に必要な時間や材料を惜しまなければ精度の高い治療を提供することもできるので、まずは気軽にご相談して頂ければと思います。

【マイクロスコープを使用した治療(精密根管治療)の実際】
 下の症例16~18は、いずれも治らないということで紹介があったケースです。ここには何とかうまくいって残せたケースを載せていますが、実際には残せない(長持ちしないことが予測されるので、残さないことをお勧めする)ケースも多数経験しています。さらに、この治療には少なくとも半年~1年以上の期間がかかっています。ここでお伝えしたいことは、
① 歯を残すのは難しい上に限界もある② 歯を残すためには大きな労力と負担が必要、ということです。歯の状態は患者さんによって様々なため、それぞれに最適な治療の選択肢を提供できるように努力しています。

症例16 神経の痛み(歯髄炎)


 神経を抜いて根管治療をしたけど痛みが消えないとの訴えでした。曲がっていて複雑な形の根の中を
マイクロスコープで観察しながらきれいにしていきました。神経の痛みも徐々におさまっていったので、根管治療を何とか無事に終了することができました

症例17 感染根管治療(根尖性歯周炎)

 根の先に膿がたまって激痛が生じていました。炎症で根の先の骨が丸く溶けています。細菌が繁殖して汚染された複雑な形の根の中をマイクロスコープで観察しながらきれいにしていきました。次第に炎症が落ち着いていき、溶けていた骨も回復してきて、無事抜かずに歯を残すことができました。

症例18 歯根端切除術

 根管治療をほぼ完璧に行いましたが、残念ながら炎症がひかず違和感が消えないとのことで、手術を行うことになりました。
術前にCTを撮影して根の先の状態や骨の溶け具合を確認し特に細菌が取れにくいとされる根の先のみをマイクロスコープで観察しながら
外科的に取り除きました。次第に炎症が落ち着いていき、溶けていた骨が回復してきました。術前にあった違和感もなくなり、無事歯を残すことができました。

精密根管治療(自由診療)のご案内】
「痛みが取れない」、「状態が悪いと説明された」と言われて来院される患者さんがおられます。また情報化社会の影響でしょうか、根管治療について専門的な知識をお持ちの方が問い合わせをされてくることもあります。いろんな要素がありますが、ご希望や依頼の難易度が高くて保険診療にそぐわないと判断される場合は、自由診療にて対応させて頂きます。費用の目安としては、前歯7万円、小臼歯8万円、大臼歯9万円、破折器具除去・穿孔封鎖3万円、CT撮影1万円、相談料5千円です。歯根端切除術は10万円~です。治療の成功に新しい技術や材料が必要不可欠になる場合もありますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。

症例18-1 CT画像

 術後5年以上問題なく経過しています。
症状の消失と歯の寿命の延長に貢献できたと考えています。(2018年9月)


院内LAN(デジタル化)


 患者さんの写真やレントゲンなどの画像データをパソコンで一括管理し、必要に応じて診療台に設置されたディスプレイに呼び出すことができます。鏡で直接見てもらうのと違って大きく映し出せるので、
患者さんにも説明がより視覚的でわかりやすいと好評です。資料収集につきましてはご希望される範囲内で行いますし、個人情報の保護にも十分に配慮しますのでご安心下さい。

【写真を撮るメリット】
 最初に写真を撮影しておくと、患者さんがご自身の治療前と治療途中と治療後の状態を比較して見ることができるので、受けられている治療の内容や結果をよりしっかりと理解してもらえます。また記録が残るので、後で問題が起こったときでも最初の状態がどうだったかを確認することができ、その間の変化や考えられる原因の説明がより具体的にわかってもらえると思います。その結果、自分自身のお口の中に関心を持ち、悪くならないように予防する大切さに気づかれる方が多いように感じます。

【小さなレントゲンを撮るメリット】
 通常はお口の中の状況を大まかに把握するために全体が写るレントゲンを1枚撮影することが多いのですが、虫歯や根の治療、被せ物や歯を支える骨の状態を詳しく確認をするにはやや不向きなところがあります。患者さんにとって小さなレントゲンを多数撮影するのは少し大変ですが、ご自身の歯の状態をより知るためにも、そして精度の高い治療を受けるためにも、とても役に立つ検査方法だと思います。

※ 開院して4年が経ちました。3-4年前に撮影した写真と現在の写真を見比べてみると、歯みがきの程度、歯茎の健康状態、治療の前後、歯並びや咬み合わせ…
などの変化が一目瞭然にわかるので、患者さんへの説明にとても役だっています。またレントゲンについても治療の効果がはっきり出てくるので、こちらも患者さんの病気への理解と安心につながっていると感じています。まさに百聞は一見に如かず、論より証拠ですね。(2018年8月)


滅菌・感染対策


 診療に使用する器具は全て超音波で細部まで洗浄した後、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で滅菌します。135℃の高温・高圧で処理するので、全ての細菌やウイルスを死滅させることができます。保管も個包装で使用前に開封するので清潔です。また、手袋や紙コップなどは患者さんごとに使い捨てとしております。